トップ画像
#
HOME 画廊インフォメーション 展覧会情報 常設展案内 アクセスマップ 問い合わせ
#

展覧会開催予定


2013年 展覧会過去ログ


12月16日(月)〜12月21日(土) 『 江口あさ子展 』 透明感に満ちた繊細な表現で、心の中の幻想世界を描く江口あさ子の作品展。
水彩、アクリルによる作品20点余りを展覧いたします。

12月2日(月)〜12月14日(土)[8日(日)休廊] 『 橋本正司展 〜彫刻・版画・ドローイング 』 彫刻家・橋本正司の近作展。今展では、ブロンズによる彫刻作品と版画作品、及び、制作のエッセンスとも言えるドローイング作品も併せてご覧下さい。
11月25日(月)〜11月30日(土) 『 [知の小匣] 手のひらの上の小さな本 / 田中淑恵のミニチュアブック 』 “革、布、木などの様々な素材、ドアの開く本、Z型で背の繋がった本、コンパクトや扇やバッグ型など、遊びと工夫に満ちた手製の小さな本を一堂に展覧します。”
11月18日(月)〜11月23日(土) 『 一枚ものがたり展 』 いつもは絵本を手掛ける作家たちが、一枚の絵の中に広がり深まるショートストーリーを表現します。
石川えりこ・内海ひろし・佐野真隆・タカタカヲリ・室井さと子・山口まさよし。
11月11日(月)〜11月16日(土) 『 深谷健司 ハイファイシティPart4 「飛行少年の鳥瞰図」 』 “子供の頃(略)・・・飛行船に乗って空を旅することを想像すると、頭の中に楽しい音楽が鳴り始めました。そんな感じを形にしてみたいなと思いました。”立体と音響による。
11月4日(月)〜11月9日(土) 『 みねお みつ 第4回 心象風景展 』 飛行機やフェリーなど乗り物を題材とした絵本を発表している、みねお みつの作品展。今展では最新作の絵本原画を中心に。
10月28日(月)〜11月2日(土) 『 馬場正昭 第5回 作品展 <ライオンのライトとアルマジロのジロー> 』 “楽しい作品がたくさんあります。全部、新作です。是非御覧下さい!!”
動物たちが繰り広げるファンタジー、約20数点。
10月21日(月)〜10月26日(土) 『 呉 炳学(Oh Bionghak)展 』 白磁の壺、仮面、人物、そして風景など、描く対象に内在する様々な在り様を捉え、独自の筆致で表現する呉炳学の新作展。
10月14日(月)〜10月19日(土) 『 坂本紀代子 日本画展 〜海辺の街のつれづれ〜 』 “東京湾海辺の街の風景・人物・etc・・・。抽象的に日本画の表現で50号〜小品まで。
ビーズアクセサリー作家「西義憲氏」の作品も展示いたします。

10月7日(月)〜10月12日(土) 『もろ かおり展 ー宇宙の中のわたし わたしの中の宇宙ー 』 始まりのなかには終りがあるし、終りのなかには始まりがある。今ここは、いつか遠くの入り口?
色鉛筆、アクリル、コラージュに、イメージをのせて。
9月30日(月)〜10月5日(土) 『 共立女子学園収蔵 蔵書票展示会 』 共立女子大学が所蔵している蔵書票のうち、19世紀半ばまで多く作られた紋章蔵書票から、20世紀までの秀作蔵書票を選び出し、展示する。デューラー、及びデューラー工房制作のものも展覧。
9月16日(月)〜9月28日(土)[22日(日)休廊] 『 清水勝 個展 』 観る者との間に、静かな対話を促すような情趣に富む清水勝の抽象作品。今展では油彩と共に、これまで発表されることの少なかったドローイング作品も併せて展示いたします。
9月2日(月)〜9月14日(土) [8日(日)休廊] 『 堀越千秋 展 』 “スペインで描いた絵です。日本にいるときの絵と何か違う。いいわるいんじゃないんだが。日本では日本人とつきあい、スペインではスペイン人と闘うのである。闘いの絵なのかな?アトリエじゃ誰とも闘ってはいないのだが。”
8月26日(月)〜8月31日(土) 『 早川修 詩画展 「やわらかなたましい」 今回のテーマは「猫」。木版画と詩で紡がれた「やわらかなたましい」の世界をご覧ください。
8月19日(月)〜8月24日(土) 『 七夕会 22 』 東京学芸大学OB・OGによるグループ展。油彩・水彩・アクリルなど、それぞれの技法で描かれた作品25点あまり。
8月5日(月)〜8月9日(金) 『 常設展 』 9月に企画展の開催される、堀越千秋、清水勝の作品を中心に展示いたします。
7月29日(月)〜8月3日(土) 『 桜会展 』 共立女子大学絵画ゼミ、若手卒業生有志による展覧会。共立の絵画を体現する、新たな息吹に満ちた作品をご覧ください。
7月22日(月)〜7月27日(土) 『 VS. 神田 写真展 』 様々な表情を併せ持ち、今も人々を惹きつけて止まない多面体の街「神田」を、飯田鉄・石川栄二・田中長徳・中藤毅彦・森田剛一、5人の写真家がそれぞれの視点で捉える。
7月15日(月)〜7月20日(土) 『 第32回 欅グループ展 』 成蹊大学美術部OB・OGによる絵画展。同グループは絵画制作と並行して、同人誌「パッション」を発行している。
7月8日(月)〜7月13日(土) 『 第29回 小学館美術クラブ展 』 日頃の勉強会で制作された作品を中心に、屋外写生、また、自由作品も含めて展示いたします。
7月1日(月)〜7月6日(土) 『 夏のモノクローム 』 モノトーン(単色)で描かれた作品の持つ「色彩」の豊かさ。
モノクロームの世界にイメージを遊ばせてください。
6月24日(月)〜6月29日(土) 『 五人展 』 油彩・アクリル・カラーペンシル・水墨・陶芸など、様々な表現方法によるそれぞれの世界をお楽しみください。
6月17日(月)〜6月22日(土) 『 仲もり 展 』 風景、富士山、そしてカボチャ。仲もり氏の今迄描き続けてきたテーマが今年はガラリと変わりました。新しい世界をどうぞご覧ください。
6月10日(月)〜6月15日(土) 『 6月の作品展 』 初夏の気配に満ちた版画・油彩作品など20点あまりの展示。
6月3日(月)〜6月8日(土) 『 第21回 けせらんぱせり 』 KFS童画絵本専門学院卒業生と仲間展。共通テーマによる作品と、各自のイメージを展開した作品を。今回はゲストを迎えて。
5月27日(月)〜6月1日(土) 『 虹のしっぽ展 16th 』 えほん講座グループ「虹のしっぽ」の第16回展。メンバー9人による創作絵本の世界をお楽しみください。
5月20日(月)〜5月25日土) 『 HAPPY TIME13 −心が遊ぶ3人展 』 いしいじゅね・近藤敦子・なかだもふぃ、3人による絵画展。今回は「踊る」というテーマで、それぞれが心遊ぶイメージを広げ、描きます。
5月13日(月)〜5月18日(土) 『 槙野良樹 水彩画展 』 イギリスで古典技法とボタニカルイラストレーションを学び、現在は水彩により草花を中心とした植物画を手掛ける作家による作品、約30点余り。
5月7日(火)〜5月11日(土) 『 常設展 』 油彩、及び版画作品を展示いたします。
4月22日(月)〜4月27日(土) 『 石井綾子 クレヨンのせかい 』 一貫してクレヨンによる作品を描く石井綾子の新作展。従来の猫・花などのモチーフに加え、今回は人形を描いた作品も加えた約30点を展覧。
4月15日(月)〜4月20日(土) 『 もも猫工房 菊地信介個展 』 制作コンセプトのひとつは「廃物利用」。菊地信介の生み出す様々なイメージと素材のコラージュとも言えるオブジェの世界をお楽しみください。
4月8日(月)〜4月13日(土) 『 おはなしなぁに? 絵本展 9 』 四人の作家が創り出す、個性溢れる、おはなしと絵の世界。どうぞ、好きな絵本を見つけに来てください。
4月1日(月)〜4月6日(土) 『 変容・烈烈・万象/いなおけんじ・冨田憲二・山本明良 展 』 平面の いなおけんじ、彫刻の冨田憲二、山本明良が新たなテーマで作品を制作するシリーズの第5回展。
3月25日(月)〜3月30日(土) 『 絵本探険隊 第24回グループ展 』 スタートして24回目を迎えた「絵本探険隊」。今年も隊員9名が、新たにそれぞれの絵本の世界を繰り広げます。
3月18日(月)〜3月23日(土) 『 第5回 椿 滋子 作品展 』 日本画による作品制作の道程で出会った手描き友禅の技法により、身近な草花をなどを描いた新作、約20点。
3月4日(月)〜3月16日(土)[10日(日)休廊] 『 丸木位里・丸木俊 展 』 広島、長崎、第五福竜丸、そして福島。今年も「原爆の図」の作家、丸木位里・丸木俊先生の展覧会を企画いたしました。新しく見つかった作品も展示いたします。是非ご清覧下さい。
2月25日(月)〜3月2日(土) 『 創作絵本4人展 絵本のタネをまきました 』 4人の画家が絵本のタネをまきました。個性豊かにのびのびと育ちます。生まれたてのお話たちに会いにきてください。
2月18日(月)〜2月23日(土) 『 剣持晶子展 Ehon Cruise 』 主人公のペンギン、ペンジャミン・フランクリンが活躍するお話の原画を中心に。クルーズを続ける客船の窓からは、どんな世界が広がっているのでしょう。
2月11日(月)〜2月16日(土) 『 パステル画グループ展 ベラ・セラ 』 俳句とパステル画のコラボレーション作品を試みるグループ「ベラ・セラ」の第8回展。俳句に詠み込まれたイメージを、それぞれに展開。
2月4日(月)〜2月9日(土) 『 清水啓子展 -ある日のかけら- 』 “ 歪む矩形、向き合う三角、とぎれながらも繋がる線、そのすべてが私と共にひとつの旋律を追う ”
1月28日(月)〜2月2日(土) 『 「東京から○○へ」吉永直子個展 』 遠くへの旅、近くへの旅・・・折々の旅で出会った風景の中に、美しいイメージを探して。吉永直子の新作をお楽しみください。

1月21日(月)〜1月26日(土) 『 吉田朋子個展 』 絵本『おひなさまの いえ』の原画を中心に、主に布や粘土で作ったイラストを展示します。TOMO工房の新しい作品をお楽しみください。

1月14日(月)〜1月19日(土) 『 牛嶋浩美展 』 「Mother loves you」をテーマに。“みんなの中の慈愛と強さ それがこの世を包んでくれるイメージをもっています”というメッセージを込めて描かれた作品をお楽しみください。
1月9日(水)〜1月12日(土) 常設展 2013年もよろしくお願い申し上げます。



#
フッター