トップ画像
#
HOME 画廊インフォメーション 展覧会情報 常設展案内 アクセスマップ 問い合わせ
#

展覧会開催予定

2011年展覧会過去ログ


12月12日(月)〜12月17日(土) 『 襠P大輔 色鉛筆画展 』 日曜画家の鉄道画集「南風の旅」の出版を記念し、新作と旧作をあわせて旅の色鉛筆画を展示します。懐かしい街並み、のどかな風景でしばらくおくつろぎください。”
12月5日(月)〜12月10日(土) 『 “spielen”佐藤ゆかり「銅版画と水彩画展」 』 “ ドイツ語の「遊ぶ」がspielen
線を遊び、色彩に遊ぶ。
銅版画とアクリル彩色画の一幕を・・・
「演ずる」もまたspielen
11月228日(月)〜12月3日(土) 11月228日(月)〜12月3日(土) 和モダンの感覚溢れる水野屋九谷の花皿の世界。今回は「富士山」、「WIWI」の新シリーズも展開いたします。
11月21日(月)〜11月26日(土) 『 第20回 けせらんぱせり 』 KFS童画絵本専門学院卒業生となかま展。
第20回展を迎え、それぞれの世界を楽しく展開する6人のメンバーの最新作をお楽しみください。
11月14日(月)〜11月19日(土) 『 小林岳 鉛筆画展/光の法則 』 鉛筆によるモノクロームの細密画により、独自の世界を探求する小林岳の作品展。今回は石モザイク、ガラス球などをモチーフにした作品を中心に。
11月7日(月)〜11月12日(土) 『 馬場正昭 第4回 作品展 <歩いて いこう!!>』 “楽しい作品がたくさんあります。全部、新作です。是非御覧下さい!!” 動物たちの織り成す、どこかノスタルジックなファンタジーの世界を描く第4回展。
10月31日(月)〜11月5日(土) 『 二見正直 創作絵本と減画展 その2 』 今年刊行された絵本の原画、及び手作り絵本の展示。また、この11月に刊行される最新作『えんまのはいしゃ』を会場にて先行販売いたします。
10月24日(月)〜10月29日(土) 『 西條紀子 スケッチ展 』 旅の途上で、または日常の中で出会い、心動かされた風景・静物などを描いたスケッチ作品30点余りを展示いたします。
10月17日(月)〜10月22日(土) 『 鬼塚満壽彦 木口木版画展 』 木口木版により描出される作品世界。初めて出会う物語のようでもあり、どこか懐かしくもある・・・。鬼塚満壽彦の新作をお楽しみください。
10月10日(月)〜10月15日(土) 『 グループ 93 』 油彩、グワッシュ、木版など、それぞれの技法で制作、発表を行っているメンバーによるグループ展。1993年に結成され、今展が15回目となる。
10月3日(月)〜10月8日(土) 『 星加☆海 <京都>展 』 京都に魅せられ、現在その地に移り住み、旺盛に取材・制作を続ける星加☆海の作品40点余り。
9月26日(月)〜10月1日(土) 『 清水 勝 個展 』 静謐さに満ちた抽象表現の中に、観る者との対話を促すフォルムとマチエール。清水勝の新作約20点を展覧いたします。
9月19日(月)〜9月24日(土) 『 山本 温 第二回 木版画展 ー美しい街ー 』 わたしたちは住んでいる、美しい街に。 木版画15点。リトグラフとシルクスクリーンと銅版画、数点。
9月12日(月)〜9月17日(土) 『 櫻友会創立120周年記念ー墨書展ー 』 共立女子短期大学櫻友会創立120周年を記念して開催される墨書展。長年にわたり研鑽を積み続ける5人のメンバーによる書の世界をお楽しみください。
9月5日(月)〜9月10日(土) 『 早川修 詩画展 「魂の言い訳」 』 “(前略)決して力強いわけでなく内省的な自己完結な作品が多いので、どれだけの人に届くかはわからないけれど今は、少しでも誰かの慰めになればと思っている次第であります。(後略)”
8月29日(月)〜9月3日(土) 『 作品展 「秋を想う」 』 風景として描かれた“秋”、イメージとして描かれた“秋”。さまざまな「秋」の作品を中心に。
8月22日(月)〜8月27日(土) 『 第20回 七夕会 』 東京学芸大学OB・OGによるグループ展。油彩・水彩・イラストなどで、それぞれの作品世界を広げる。
8月8日(月)〜8月12日(金) 『 常設展 』 秋に企画展が予定されている清水勝作品『不在の夏』(油彩・F6号)他、中堅作家による油彩、版画作品をお楽しみください。
7月25日(月)〜8月6日(土)[31日(日)休廊] 『 堀越千秋展 「全部嘘」 』 “人間は嘘を食べて生きている。だから、聖書も仏典も全部嘘である。あなたは誰?”
スペインと日本を拠点に幅広い表現活動を続ける堀越千秋。新作のオリジナル作品の他、版画も含め20点余りを展覧。

7月18日(月)〜7月23日(土) 『 第30回 欅グループ展 』 成蹊大学OB・OGからなるグループによる絵画展。同グループは絵画制作と平行して、同人誌「パッション」も発行している。
7月11日(月)〜7月16日(土) 『 第27回 小学館美術クラブ展 』 日頃の例会で制作された作品を中心に、年に数回行われる風景写生会での作品、また、自由作品なども。
7月4日(月)〜7月9日(土) 『 おはなしキラッキラ展 』 8人の絵本画家の生み出すお話と絵の世界。個性豊かに心に語りかけてくる“絵本のたまご”をお楽しみください。
6月27日(月)〜7月2日(土) 『 絵本探険隊 第22回グループ展 』 今年3月に開催予定されておりました展覧会を、こちらに移動いたしました。思いも新たに!探険隊の世界が広がります。
6月20日(月)〜6月25日(土) 『 仲もり個展 』 カボチャの顔、人の顔、山の顔、風景の顔・・・。今回も心惹かれたさまざまなモノ達の表情をご覧ください。そして、あなたの好きな“顔”をみつけてください。
6月13日(月)〜6月18日(土) 『 六月の作品展 』 油彩、及び版画作品を中心に。
6月6日(月)〜6月11日(土) 『 I Like Books 5 』 “Bags for Book/本を大切にするきもちを形にしました”。 大伴直子・小野わこ・加藤初音・喜多見理恵・中島洋子による様々な展開。
5月30日(月)〜6月4日(土) 『 虹のしっぽ展 』 絵本原画、及び絵本のための試案を展示いたします。絵本講座グループ「虹のしっぽ」による第14回展。
5月23日(月)〜5月28日(土) 『 HAPPY TIME 12 〜心が遊ぶ・三人展〜 』 「HAPPY TIME」の空間で、心遊ぶひとときをお過ごしください。いしい じゅね・近藤敦子・なかだ もふぃによる三人展。
5月16日(月)〜5月21日(土) 『 小田沙馥枝 版画展 』 “季節のままに 吹く風にのせて つむぐファンタジー (略) 命の源である海への想いを作品化したものを中心に展示いたします”
5月9日(月)〜5月14日(土) 『 阿部きよみ・ 津吹貴子 二人展 』 “阿部きよみのファンタジーな世界と、津吹貴子のちょっと笑えるおかしな世界の二人展です”
4月25日(月)〜4月30日(土) 『 絵絹に描く日本画・グループ展 』 日本画の画布として中世以前から用いられてきた絵絹。絹でなければ表現できない独特の発色と深みを求めて。9人のメンバーによるグループ展。
4月18日(月)〜4月23日(土) 『 紙る・貼る・撚る 』 平面の稲尾健二、彫刻の冨田憲二、山本明良が毎回異なるテーマでそれぞれの造形表現を深める試み。
4月11日(月)〜4月16日(土) 『 もも猫工房 菊地信介個展 』 コンセプトのひとつは“廃物利用”!菊地信介の創り出す不思議なふしぎなオブジェの世界。大人から子供までの皆さんに。
4月4日(月)〜4月9日(土) 『 おはなしなぁに?絵本展 7 』 「おはなしなぁに?」は毎回異なるメンバーで構成されるグループ展。今回は4人の絵本作家が集まりました。出来たてほやほやのおはなしと絵をお楽しみに!
3月28日(月)〜4月2日(土) 『 石井綾子 クレヨンのせかい 』 クレヨンの持つ独特の風合に魅せられて制作を続ける作家の新作、約30点。今回は「クレヨンのせかい」が新たな素材へも展開しています。
3月21日(月)〜3月26日(土) 『 絵本探険隊 第22回グループ展 』 七人のメンバーによる、それぞれの絵本への試み。個性豊かな創作絵本の世界をお楽しみ下さい。
     ★「絵本探険隊グループ展」は中止となりました

3月14日(月)〜3月19日(土) 『 吉田朋子 個展 』 「TOMO工房・手づくり作品展」、今回はどんな世界が飛び出して?子供向け雑誌の原画、布で作ったイラストを主に展示いたします。
3月7日(月)〜3月12日(土) 『 パステル画グループ展 BERS-SERA(ベラ・セラ)』 俳句とパステル画のコラボレーションを展開する「グループ・BERA-SERA」の第6回展。俳句に詠み込まれたイメージへの様々なアプローチをお楽しみ下さい。
2月21日(月)〜3月5日(土)[27日(日)休廊] 『 丸木位里・丸木俊 二人展 』 「原爆の図」を、丸木位里、俊先生を知っていますか。今回は1950年代の作品や自画像など珍しい作品もご覧いただきます。
2月14日(月)〜2月19日(土) 『 清水啓子 展 − かすかなささやきごと ー 』 “イデオロギーのように大声ではなく、内省するつぶやきほども小声ではない。しかし、昔の預言者たちの箴言のように常に、確かに聞こえてくるその音に触れたくて私は絵をかく。”
2月7日(月)〜2月12日(土) 『 六人展 』 油彩、水彩、アクリル、陶芸、カラーペンシルなど、6人のメンバーのそれぞれの技法による作品をお楽しみ下さい。
1月31日(月)〜2月5日(土) 『 吉永直子 展 「人の生活がある風景」 』 水彩により、爽やかな筆致で伸びやかに風景を描く吉永直子の油彩作品を含む新作展。新たなポストカードも。
1月17日(月)〜1月29日(土)[23日(日)休廊] 『 栗山邦正 展』 「栗山邦正の世界 その二・赤の幻想」と題して、故・栗山邦正の「赤い絵」と呼ばれたシリーズの作品を展覧。
(会期の前期と後期で作品の入れ替えがあります)
1月10日(月)〜1月15日(土) 『 牛嶋浩美 新春&出版記念 個展 』 “h ・ eight 人生には8つのhがあればいい”をテーマに、シンプルな言葉とそれぞれの「色」にメッセージを込めて…。ユニセフのカードも手掛ける牛嶋浩美の新作展。







#
フッター