トップ画像
#
HOME 画廊インフォメーション 展覧会情報 常設展案内 アクセスマップ 問い合わせ
#
展覧会開催予定

2009年展覧会過去ログ

12月21日(月)〜12月26日(土) 『常設展』 丸木位里「富士山」(10号)、また、丸木俊の版画作品を中心に。
12月14日(月)〜12月19日(土 『鬼塚満壽彦 木口木版画展 ・・私の心象風景・・』 精緻でありながら独特の生命感を併せ持つ木口木版の技法を用い、意識の中に生まれ、広がるイメージを展開した作品約30点。
12月7日(月)〜12月12日(土) 『飯室博文・あき子 写真展』 何気ない日常の風景を、それぞれの視点で切り取った写真作品。全紙判サイズを含む30点余り。
11月30日(月)〜12月5日(土) 『吉田朋子 個展』 “子供向雑誌の原画など、布で作ったイラストを主に展示します。” TOMO工房・手づくり作品展をお楽しみください。
11月23日(月)〜11月28日(土) 『坂本紀代子 日本画展 〜海辺の街のつれづれU〜』 日々の暮しの中で心引かれた風景にイメージを広げた作品、また人物などをモチーフに100号から小品までを日本画による表現で。
11月16日(月)〜11月21日(土) 『車 晴美 個展』 人物、及び静物を題材とした油彩作品を中心に。また、水彩作品では新たな展開の試みを。100号を含む15点余りを展覧。
11月9日(月)〜11月14日(土) 『須藤不冶漢 銅版画展』 銅版画によるモノクロームの世界の中に、野菜たちのそれぞれの表情、新たな存在感を追求し、表現した作品。
11月2日(月)〜11月7日(土) 『わたなべ たかこ作品展』 どこか知らない国、夢の中で遊んだ世界?描き出されるイメージのラビリンス。わたなべ たかこの紡ぎだすワンダーランドをお楽しみください。
10月26日(月)〜10月31日(土) 『第28回 欅グループ展』 成蹊大学美術部OB・OGによるグループ展。メンバーは展覧会活動と平行して同人誌「パッション」を発行。更なる“フィードフォワード”を目指す。
10月19日(月)〜10月24日(土) 『<米寿記念> 飯田収 個展』 “筆を重ねていってようやく気に入った色彩が得られるよろこびは、何物にも代え難いものがある。”(「飯田収画集」あとがきより)。米寿を迎え、さらに深まる作品世界。100号から小品まで20数点の展覧。
10月12日(月)〜10月17日(土) 『星加☆海 作品展』 “神戸のJAZZ、昭和の風景、星加★海が描く何処か懐かしく色彩あふれる世界を展示いたします。”
10月5日(月)〜10月10日(土) 『唐沢政道 パステル画展』 純粋な顔料そのものを生かした画材であるパステル絵の具。その美しさに魅了され、パステル画による独自の表現を深めている唐沢政道。四季折々の風景、花などを描いた作品30点余りを展示。
9月28日(月)〜10月3日(土) 『馬場正昭 第2回作品展 <こんにちは!!>』 作者の紡ぎだす夢ある物語の中で、様々な動物たちが繰り広げる楽しい世界。昨年の初個展に続く第二弾!
9月14日(月)〜9月26日(土)[20日(日)は休廊] 『 清水勝 個展 』 壁画を思わせるマチエールと色彩。独特の抽象表現の中に、大らかさと繊細さを併せ持つ清水勝の油彩作品。新作20点余りを展示。
9月7日(月)〜9月12日(土) 『ー山と民家とー 松井民雄油絵展』 日本各地の山村、今も残る民家を描き続ける作家による懐かしい風景展。サムホールから10号までの作品22点。
8月31日(月)〜9月5日(土) 『 秋を想う 』 終わりかけた夏、心の行く手に秋を想う…。ひと足早く、秋の気配を伝える作品をお楽しみください。
8月24日(月)〜8月29日(土) 『早川修 詩画?展<クチゴタエスルタマシイ>』 “妖怪、動植物、文学、音楽、映画、その他諸々。題材は変わっても、彫り刷ったものは、伝えたいことは一つ。それは自分を愛すること、誰かを愛することなんだ・・・ナーンテネ”
8月17日(月)〜8月22日(土) 『 七夕会 』 東京学芸大学OB・OGのメンバーによるグループ展。油彩・水彩・イラストなど様々なジャンルによるそれぞれの展開。
8月3日(月)〜8月8日(土) 『中村景児 個展』 ミステリアスでユーモラス、ユーモラスでミステリアス…。イラスト、絵本で活躍する中村景児のファンタジー・ワールドをお楽しみ下さい。  
7月27日(月)〜8月1日(土) 『遠い国の風景』 油彩・版画・水彩によるヨーロッパ風景を中心に。
7月13日〜7月25日(土)(19日(日)休廊) 『堀越千秋展』 スペイン、マドリッドに在住し、絵画・焼き物・エッセイ・絵本など多岐に渡る旺盛な制作活動を続ける堀越千秋。今回は平面作品の新作20点余りを展覧。
7月6日(月)〜7月11日(土) 『第25回 小学館美術クラブ展』 25回目を迎えた、小学館の現役・OBメンバーによる美術クラブ展。勉強会での人物・静物作品のほか、屋外での風景作品も。
6月29日(月)〜7月4日(土) 『グループYET 七宝絵画展』 “七宝絵画の楽しさ、素晴らしさを皆さまに感じていただきたい”という共通の志のもとに結成されたグループYET、3人のメンバーによる第1回展。
6月22日(月)〜6月27日(土) 『清水 勝・清水啓子 二人展』 今展で二回目となる清水勝・啓子による父娘展。勝は4号〜12号の油彩8点余り、啓子はサムホール〜8号の油彩8点余りとドローイング作品を展覧。
6月15日(月)〜6月20日(土) 『仲もり 個展』 伸びやかで、素朴で、ユーモラス。そしてしっかり自己主張。様々な表情を見せる、描かれたカボチャたちに会いに来てください
6月8日(月)〜6月13日(土) 『6月の作品展』 「夏の入口」をキーワードに、初夏のイメージを感じさせる様々なジャンルの作品を中心に。
6月1日(月)〜6月6日(土) 『虹のしっぽ展 12th』 絵本の原画と、これから絵本になろうとしている‘絵本の卵’も展示されます。グループ「虹のしっぽ」の元気な作品たちをお楽しみ下さい。
5月25日(月)〜5月30日(土) 『HAPPY TIME10 ー心が遊ぶ・3人展ー』 いしいじゅね・近藤敦子・なかだもふぃによる「HAPPY TIME」も10回目を迎えました。ますます自由に伸びやかに3つの個性が響きあいます。  
5月18日(月)〜5月23日(土) 『小林岳 鉛筆画展』 鉛筆によるモノクロームの細密画を探求している小林岳の第5回個展。鉛筆のみで表現された作品の数々は海外でも注目を集めてきた。今回は人物画を中心に。
4月27日(月)〜5月16日(土)(日曜・祭日 休廊 『画家たちのイメージから <それぞれの風景>』 画家たちの様々なイメージを通して表現された<風景>作品を中心に。清水勝「抽象風景」、堀越千秋「群馬山水図」など。
4月20日(月)〜4月25日(土) 『Happiness ひら てるこ 作品展』 “ちっちゃなころ、絵本の傍らで、私は幸せでした。/娘のころ、絵本に憧れることが私の幸せでした。/今、絵本を描く幸せ。”
4月13日(月)〜4月18日(土) 『丹阿弥丹波子 銅版画展』 ビロードを思わせる深みある黒の世界に浮かび上がった花や野菜。
春陽会の大ベテラン、丹阿弥丹波子による気品あるメゾチントの世界をお楽しみ下さい。
4月6日(月)〜4月11日(土) 『第4回 椿 滋子 作品展』 日本画を学び、制作を続ける過程で出会った友禅染。現在はその友禅染技法を用いて作品世界を深め、広げる作家の最近作20点余り。
3月30日(月)〜4月4日(土) 『画家たちの眼から <日本の風景>』 画家たちが見つめ、描いた日本の風景を中心に。
山下大五郎「たば風の越前岬」(リトグラフ)など、版画、及び油彩20点余り。
3月23日(月)〜3月28日(土) 『絵本探険隊 第20回グループ展』 絵本探険隊は隊長の統率の元、隊員の結束固く20回目の展覧会を迎えました。今年も楽しい絵本の世界をご覧下さい。
3月16日(月)〜3月21日(土) 『翻る 叩く 綯う −石・金属・木・石膏・紙によるー』 翻る/いなおけんじ(平面)、叩く/山本明良(彫刻)、綯う/冨田憲二(彫刻)。それぞれのテーマが響きあう3人の作家による作品展。
3月9日(月)〜3月14日(土) 『常設展<print work>』 エッチング、ドライポイント、石版画、シルクスクリーン、そして木版画など様々な<版>による作品を中心に。
3月2日(月)〜3月7日(土) 『第4回<俳句とパステル画のコラボレーション>パステル画グループ展BERA-SERA』 俳句作品のイメージと、どのように向き合い、どのように表現するか…。グループ ベラ・セラの更なる試み。
2月23日(月)〜2月28日(土) 『石原均 追悼展/いろいろ凸凹ありました』 石原均/紙粘土を使った立体イラストを得意とし、幅広い分野で個性的な凸凹クレイアートを展開した。’08.12月急逝。
2月16日(月)〜2月21日(土) 『丸木位里・丸木俊 二人展』 「原爆の図」の画家、丸木位里・丸木俊ご夫妻。人を慈しみ、自然を愛したお二人の未発表作品30点余りをご覧下さい。
2月9日(月)〜2月14日(土) 『六人展』 油彩、水彩、アクリル、陶芸、カラーペンシルによる6人の作家のそれぞれの表現。
2月2日(月)〜2月7日(土) 『新春 檜展』 まだ少し早い春の到来を感じさせてくれる油彩、版画作品を中心に展示いたします。
1月26日(月)〜1月31日(土) 『三澤英子 水彩展』 水彩による独特の筆致が描き出す世界に、心象風景も重なって・・・。
1月19日(月)〜1月24日(土) 『2008-2009 Exhibition 
  吉永直子』
水彩、及び油彩による風景。
新作ポストカード約20種類も会場に並びます。

1月12日(月)〜1月17日(土) 『牛嶋浩美 新春個展』 ユニセフのカードも手懸ける牛嶋浩美の新作展。明るく楽しいイラストで作者のメッセージが広がります。





#
フッター