トップ画像
#
HOME 画廊インフォメーション 展覧会情報 常設展案内 アクセスマップ 問い合わせ
#

展覧会開催予定

12月18日(月)〜12月22日(土) 『 常設展 』 小品を中心に、油彩・版画・水彩作品など。
12月27日(水)〜1月6日(土) ◆冬季休廊
1月8日(月)〜1月13日(土) 『 津田真帆 展 』 心の中、風景の中で見つめるイメージを、水彩・コンテなど様々な画材と表現で描いた作品20点余り。
豊かな色彩と、モノクローム・・・それぞれの心象風景をお楽しみください。
1月15日(月)〜1月20日(土) 『 百瀬恒彦 写画展 「幸せってなんだっけ?」』 “ぼくの作品は写真だけれど何かが違う!写真だけど絵のように描きたい!ちょっと気恥ずかしいけど『写画!』と勝手に呼んでます。” 百瀬恒彦






2017年 これまでの展覧会

12月11日(月)〜12月16日(土)
『 「 若き日の堀越千秋に出会う」 川崎 研 写真展 』 “ 中学時代に天文クラブが縁で親しくなった堀越千秋の若き日々、東京芸大在学中の彼の日常の風景をお楽しみください。留学時にプラド美術館で模写をした作品も展示いたします。ご希望の写真の頒布も可能です。”
12月4日8月)〜12月9日(土)
『 光平伴治 展 』 トスカーナ州公認版画師の免許を取得し、版画表現による世界を深める光平伴治の新作展。版画の他に油彩、ミクストメディアによる作品もお楽しみください。
11月27日(月)〜12月2日(土)
『 山田和明 個展 《あかいふうせん》』 “世界7ヶ国以上で出版されている絵本『My Red Balloon』の日本語版が出版されました。絵本『あかいふうせん』の原画と2018年カレンダーの原画を中心に展示いたします。”
11月20日(月)〜11月25日(土)
『 けせらんぱせり』 第24回 KFS童画絵本専門学院卒業生となかま展。
それぞれのテーマを掘り下げたり、新たなテーマを追いかけたり・・・。24回目のけせらんぱせりをお楽しみください。
11月13日(月)〜11月18日(土)

『 グループ 窓 』 2015年に結成された「グループ 窓」の第3回展。
呉炳学・西條紀子・戸田忠祐・成川雄一・三浦千波の5人のメンバーが油彩、グワッシュ、水彩などによりそれぞれの作品世界を展開。
11月6日(月)〜11月11日(土)
『 佐藤ゆかり展 「銅版画と彩色画」』 “「私はもう永く本を読んでいた 今日の午後が雨に騒めきながら 窓に寄りそっていたときから。」R.M.リルケ「読書する人」より。
時を忘れて読書する至福。言葉の色合い、物語の深み、書物の美しさ…。本の楽しみをテーマに描きました。”
10月30日(月)〜11月4日(土)
『 杉本俊夫展 四季彩彩/野の花・山の花 』 様々な表情を見せて移り変わる四つの季節・・・。
その折々に訪れた野山で出会った草や花などの植物たちを水彩で描きとめて。
10月23日(月)〜10月28日(土)
『 馬場正昭 第6回作品展 <宇宙へ行こう!!> “観て下さった方々が楽しい気分になってくれるととても嬉しいです。是非御覧下さい。”
10月16日(月)〜10月21日(土)
『 坂本紀代子 日本画展〜海辺のつれづれX〜 』 日々つれづれ・・・・・
心に留まった詩、日本画で半抽象的な表現
F50号〜小品まで17作品
ご覧くださいませ。
10月2日(月)〜10月14日(土) [8日(日)休廊]
『 橋本正司展 〜彫刻・版画 』 幾何学的フォルムの中に、「静」と「動」という異なる要素が潜在する彫刻作品と、版画(ドライポイント)作品を併せてご覧ください。
9月18日(月)〜9月30日(土) [24日(日)休廊]
『 清水 勝 展 』 油彩により、フレスコ画を思わせる独特のマチエールで、時に抽象、時に具象の造形世界を深める清水勝の新作展。
小品を中心に水彩によるドローイング作品を含め20点余りを展示いたします。
9月11日(月)〜9月16日(土) 『 作品展「秋を想う」』 秋のイメージ、秋の気配を伝える作品を中心に。
それぞれの画家のイメージの展開をお楽しみください。
9月4日(月)〜9月9日(土) 『 早川修 詩画?展 ノー天気な魂 』 “空を題材とした木版画を展示いたします。賑やかしにアクリル画の天女に音楽を奏でて貰います。ぼーっと空を見上げる気持ちでお越し頂けたら幸いなのであります。”
8月28日(月)〜9月2日(土) 『 夏に見つける小さな絵 』 夏の終わりに、、ほっとこころ和む、元気になる絵との出会い…。
小さな絵の中に、さまざまなイメージを大きく自由に広げてご覧ください。
8月21日8月)〜8月26日(土) 『 七夕会 26 』 東京学芸大学OB・OGによるグループ展。
油彩・水彩・コンテ・刺繍など、それぞれの技法を用いた作品世界を展開。8人の個性をお楽しみください。
8月7日(月)〜8月10日(木) 『 常設展 』 水彩・版画作品を中心に20点余りをお楽しみください。
7月24日(月)〜8月5日(土) [30日(日)休廊] 『 堀越千秋展 〜プリントワークと絵本の原画〜』 スペインに30余年在住し、多岐に渡る制作活動を展開し続ける中、昨年10月末マドリッドで亡くなった堀越千秋の追悼展。彼の最後となった版画・絵本の原画などを展示いたします。
7月17日(月)〜7月22日(土) 『 佐野友音 展 』 “2016年に女子美術大学大学院(版画)を修了して初めての個展。日常の中での断片的な記憶、皮膚感覚的なイメージを表現した、色鉛筆画・銅版画を展示します。想像を膨らませながら自由に見て頂けたら嬉しいです。”
7月10日(月)〜7月15日(土) 『 夏のモノクローム』 モノトーン(単色)で表現された作品の中に潜み、立ち現れるさまざまな色彩。豊かに広がるモノクロームの世界を描いた作品を中心に展示いたします。
7月3日(月)〜7月8日(土) 『 虹のしっぽ展 』 えほん講座グループ「虹のしっぽ」は Anniversaaryー第20回展を迎えました。7人のメンバーが繰り広げる絵本の世界をお楽しみください。
6月26日(月)〜7月1日(土) 『 6月の作品展 』 小品を中心に、初夏を感じる作品20点余りを展示いたします。
お楽しみください。
6月19日(月)〜6月24日(土) 『 おかもと香織 「こつこつのキセキ」 展 』 “絵本イラストや絵本ダミー、オリジナルなど、こつこつと描きためた作品を展示します。訪れた方がほっと和んだりふふっと笑顔になったり…そんな空間になる事を願っています。”
6月8日(木)〜6月17日(土) [ 11日(日)休廊 ] 『 小林裕児個展 〜ドローイングとスケッチブック 』 記憶の中のイメージを紡ぎ、不思議な物語性に満ちた世界を描き出す小林裕児。その画家のイメージを織りなすフットワークとも言えるドローイングとスケッチブックを展示いたします。
5月29日(月)〜6月7日(水) [ 4日(日)休廊 ] 『 大沢泰夫 展 』 折に触れて出会い、身の周りに集まった好きな古本や古道具をモチーフとした写真を中心に。
今回は色鉛筆による絵画作品も展示いたします。
5月22日(月)〜5月27日(土) 『 HAPPY DAYS ーなかだ もふぃ アクリル画展ー 』 14回のHAPPYTIME、ふりかえればHAPPYDAYSでした。
ふかく・あかるく・おもく・かるく・だまる・はしゃぐ・・・
色は自由で限界がない。
5月の緑輝く街の、快い室内で心を遊ばせていただければ。
5月15日(月)〜5月20日(土) 『 作品展 描かれた「花」U』 様々に表現された「花」の姿 ・ イメージ。
描かれた花たちとの対話をお楽しみください。
5月8日(月)〜5月13日(土) 『 保坂優子作品展「テーブルに着くことからはじめよう」』 “銅版画を中心とした展覧会です。ガラスや金属を使った作品も展示します。
作品には、イメージを膨らませていただけたらと、短い文章を添えました。”

4月24日(月)〜4月28日(金) 『 常設展 』 油彩・水彩・版画作品など、檜画廊の常設展示をお楽しみください。
4月10日(月)〜4月22日(土) [16日(日)休廊] 『 田島征三 新作展 「アレホ虫くんの旅」 』 「絵本と木の実の美術館」の開設、瀬戸内国際芸術祭への参加など、旺盛な表現活動を続ける絵本作家・田島征三。
今展では、新作絵本『アレホ虫くんの旅』の原画を中心に、未発表小作品などを含む約40点を展示いたします。

4月3日(月)〜4月8日(土) 『 中吉照雄 油絵展 』 ヨーロッパへの取材を重ね、建物、街並などの風景を描く中吉照雄の新作展。水辺の古都、中世ヨーロッパの面影を色濃く残す街角を描いた20余点の連作をお楽しみください。
3月27日(月)〜4月1日(土) 『 山崎優子 えほんしごと と 絵しごと展 』 “絵物語 「ポンポロッコの森 U」あたらしい絵とおはなし。
至光社 こどものせかい 絵本「あめが あがったら」の原画。
たくさんの絵とえほんとグッズが おまちしています。”

3月20日(月)〜3月25日(土) 『 絵本探険隊 第28回グループ展 』 絵本探険も28年目をむかえました。
今年も個性溢れるさまざまな絵本たちがお待ちしています。それぞれの「探険」の結晶をどうぞお楽しみください。

3月6日(月)〜3月18日(土)[12日(日)休廊] 『 丸木位里・丸木俊 展 』 一昨年は「原爆の図」がアメリカに渡り、ニューヨークなど3ヶ所で半年間に渡り展示されました。今年もドイツの美術館に2作品が貸し出されています。檜画廊では、お二人が日常に描かれた小品展を今年も企画いたしました。ご清覧ください。
2月27日(月)〜3月4日(土) 『 作品展 描かれた「花」 』 束の間の美しさを見せて変容していく…。画家たちはそれぞれに、花の表情と向き合います。
油彩・水彩・墨・版画などで描かれた「花」をお楽しみください。
2月20日(月)〜2月25日(土) 『 第6回 吉田朋子個展〜Smile Food展 』 “おいしい料理は、みんなが笑顔!
布などで作った柔らかで暖かな笑顔の食べ物たちが、あなたの笑顔をおまちしております。”
2月13日(月)〜2月18日(土) 『 富田貴智 展 』 “いったい何回目の原点回帰?/ Nature calls me / いったい何があなたを呼んでいるの?/ コツコツ続ける富田貴智展。/ 作品で世界共通言語を見つける旅。 / 少しずつなにかが整い始める宇宙観。 ”
2月6日(月)〜2月11日(土) 『 墨と版画 盆出 省展 』 墨、版画、油彩など、イメージに応じた技法を用いて抽象と具象の間を闊達に行き来する盆出省の新作展。今回は墨絵と木版画を中心に。
1月23日(月)〜2月4日(土) [ 29日(日)休廊 ] 『 作品展 -冬に- 』 冬のイメージ ・ 冬を想う ・ 冬に思う
冬の只中だけれど春も垣間見えるこのころ
対話を待つ作品たち20点あまりが並びます。
1月16日(月)〜1月21日(土) 『 石井喜代子作品展 〜それぞれの位置〜 』 “ 時には自分は世界とどう繋がっているのかなとか、どういう人間に憧れているのかとか考えます。花が世界を覆う日が来たら、世界が変わるかも ! そんな思いを形にしました。”
1月9日(月)〜1月14日(土) 『 天と閃 展 /牛嶋浩美2017年個展 』 “牛嶋浩美の点と線がつながった 天からの閃きの時間を描く あうんえほん・・・原画展 ”




2016年展覧会過去ログ

2015年展覧会過去ログ

2014年展覧会過去ログ
2013年展覧会過去ログ

2012年展覧会過去ログ

2011年展覧会過去ログ

2010年展覧会過去ログ

2009年展覧会過去ログ
2008年展覧会過去ログ



#
フッター