トップ画像
#
HOME 画廊インフォメーション 展覧会情報 常設展案内 アクセスマップ 問い合わせ
#

展覧会開催予定

7月16日(月)〜7月21日(土) 『 石井綾子 クレヨンのせかい 』 新作絵本「うみにいったネコ」の原画と共に、猫、身近な花、そして海などをクレヨンで描いた作品25点余りの展示。
石井綾子のクレヨンの世界をお楽しみください。
7月23日(月)〜7月28日(土) 『 7月の作品展 』 7月、夏のイメージを伝える作品を中心に。
油彩、版画、ミクストメディアなど、さまざまな技法で描かれた表現。
7月30日(月)〜8月4日(土) 『 堀越千秋画集 出版記念展 』 スペイン・マドリッドに自己の軸を据え、絵画、立体、エッセイなど旺盛な表現活動を展開した堀越千秋。生前に構想がスタートし、2年余りを経て完成した画集の出版記念展。
8月6日(月)〜8月10日(土) 『 常設展 』 夏に出会う作品…。
檜画廊の夏の常設展をお楽しみください。

s




2018年 これまでの展覧会

7月9日(月)〜7月14日(土)
『 日高菊雄 展 』 “ 麻生三郎、森芳雄といった教授陣を誇るムサビで学び、絵画空間・自然空間に手応えを感じて以来数十年「空間の質」を問い、絵と現実の呼応を探っての油絵小品と素描である。”
7月2日(月)〜7月7日(土)
『 虹のしっぽ展 21st 』 えほん講座グループ「虹のしっぽ」の第21回展。
今年も、生まれたての絵とお話をお楽しみください。創作絵本から広がる世界がお待ちしています。
6月18日(月)〜6月30日(土) [ 24日(日)休廊 ]
『 VS.東京写真展+ 』 飯田鉄+ギャラリーニエプス メンバーによる「東京」をテーマとした写真作品展。様々な顔を持つ大都市をそれぞれの切り口で捉え、東京の多面体的な魅力を浮かび上がらせる試み。
6月11日(月)〜6月16日(土)
『 光平洋子 展 』 トスカーナ州公認版画師として認められ研鑚を重ねながら、併せて画家としての制作も行う光平洋子の新作展。
版画、水彩、コラージュによる作品約30点。
5月28日(月)〜6月9日(土) [ 3日(日)休廊 ]
『 風景の中に 静物の中に Vol.2 』 絵画の普遍的テーマ「風景」と「静物」。さまざまな画家による表現、Vol. 2 をどうぞご清覧ください。
5月14日(月)〜5月26日(土) [ 20日(日)休廊 ]
『 小林裕児個展 / 原慶子詩集「地上から天上愛に移る時」原画 』 象徴性に満ちた夢幻的絵画世界を展開する画家・小林裕児と、社会福祉事業で活躍すると共に多くの著作を持つ詩人・原慶子。表題詩集の挿画を描く中で、詩人の清明で思索的な言葉に触発されて描いたドローイング作品30点。会期中、音楽と言葉により詩と絵の二つの世界が出会うパフォーマンスも行われる。
4月23日(月)〜5月12日(土)[4/29〜5/6休廊]
『 檜 展 Part 2 』 Part1 に続くPart2を お楽しみください。
Part2では丸木位里「ガンジス川」(60号大 変形サイズ)を展示いたします。
4月16日(月)〜4月21日(土)
『 もも猫工房 菊地信介個展 』 さまざまな種類の廃物が、縦横に広がるイメージにより再構成されて新たな物語を出現させる・・・。
菊地信介のクラフト・アッサンブラージュの世界をお楽しみください。
4月9日(月)〜4月14日(土)
『 三千大千世界 いっしょう幸運寺展 林 一樟 』 「 仏教発祥以来の仏様が御住みになる世界。木口木版画の持つ明度ゼロ、黒での仏界の宇宙観、透明感を諦観して頂ければ幸いです。                一樟 合掌 」
4月2日(月)〜4月7日(土)
『 檜 展 Part 1 』 油彩と版画作品を中心に。春の檜展をお楽しみください。
3月26日(月)〜3月31日(土)
『 思月主ひろ咲 個展 〜まどべのはなだより〜』 “ 画材の不透明水彩ガッシュや墨を中心に花を描きました。
花の絵たちも お待ちしております。”
3月19日(月)〜3月24日(土)
『 絵本探険隊 第29回グループ展 』 「絵本探険隊」隊員7名による新しい絵本の世界をお楽しみください。個性溢れる絵本と絵本の卵たちがお待ちしています。
3月12日(月)〜3月17日(土)
『 細田保男 第2回 木版画展 』 ヨーロッパ・アルプス、ドロミテの雄大な山岳、南国の情趣を湛えるハワイ諸島、そして日本。心を動かされた大自然の風景を中心に木版画で表現した作品27点。
3月5日(月)〜3月10日(土)
『 西岡民雄展 ーいのちあるもの 描き続けて五十年 ー』 “五十年その時々の表現を模索してきました。(略)−どの絵にも本来その絵にあるべき象(かたち)があるー
作品に内在するその象を表現出来た時は、「やっと出会えた」と嬉しくなるのです。”
2月19日(月)〜3月3日(土)
『 風景の中に 静物の中に 』 絵画の普遍的テーマ、「風景」と「静物」。
さまざまなアプローチで表現されたそれぞれの作品世界をお楽しみください。
2月5日(月)〜2月17日(土)[11日(日)休廊]
『 丸木位里・丸木俊 展 』 「原爆の図」の丸木美術館も50周年を迎えました。当画廊での丸木展も40数年。今年も新しい作品が何点か見つかりました。是非ご清覧下さい。
1月29日(月)〜2月3日(土)
『 第1回 えほんじま展 』 入村定子・おざきまき・剣持晶子・もりたかず、4人のメンバーによる絵本の試み。
未踏の島に乗り込むような、新しい発見を目指して。

1月22日(月)〜1月27日(土)
『 作品展 冬に 』 冬の只中の無彩色の街の中で、それぞれの色彩のニュアンスで語りかける絵画作品との出会いをお楽しみください。
1月15日(月)〜1月20日(土)
『 百瀬恒彦 写画展 「幸せってなんだっけ?」』 “ぼくの作品は写真だけれど何かが違う!写真だけど絵のように描きたい!ちょっと気恥ずかしいけど『写画!』と勝手に呼んでます。” 百瀬恒彦
1月8日(月)〜1月13日(土)
『 津田真帆 展 』 心の中、風景の中で見つめるイメージを、水彩・コンテなど様々な画材と表現で描いた作品20点余り。
豊かな色彩と、モノクローム・・・それぞれの心象風景をお楽しみください。




2017年展覧会過去ログ

2016年展覧会過去ログ

2015年展覧会過去ログ

2014年展覧会過去ログ
2013年展覧会過去ログ

2012年展覧会過去ログ

2011年展覧会過去ログ

2010年展覧会過去ログ

2009年展覧会過去ログ
2008年展覧会過去ログ



#
フッター